大人を完全にナメきってる発育の良すぎる生意気娘を肉棒でわからせる話 あらすじ、ネタバレ、感想

いつも読んでくれてありがとう♪

あつしです。

今回は「大人を完全にナメきってる発育の良すぎる生意気娘を肉棒でわからせる話」をレビューしていきますね。

生意気な発育だけいい学生をバカにされた大人が躾けていく話ですよ。

だんだん犯されて、性に目覚めて抵抗できなくなる様子が楽しめる作品ですよ。

大人を完全にナメきってる発育の良すぎる生意気娘を肉棒でわからせる話あらすじ

大人を完全にナメきってる発育の良すぎる生意気娘を肉棒でわからせる話のネタバレは主人公は近所にすむ白岩麻優という学生をオカズにしていました。

なぜ学生をオカズにするかというと、年齢に見合わないほど発育がいい娘なんですね。

しかしこの白岩麻優という娘は完全に大人を舐め切っていて、プチ援交しているんですよ。

いやらしい目で見ていた大人の主人公にある時、「5千円でおっぱいさわらせてあげる」と声を掛けてきます。

主人公は普段からオカズにしていたこともあり、思わず触ってしまうんですね。

声の掛け方も完全に大人を舐め切っていて、「どう?柔らかいでしょう」「ねえ、おっぱい気持ちいい?」と挑発してくるんですよ。

この後カモにされた主人公はお金が尽きるほどに麻優にハマってしまいます。

「パンツみせるからお金ちょうだい」「ちゃんと触らないと大声さすよ」

バカにされながら、麻優にハマる主人公でしたが、ついに我慢の限界にたっしてしまうんですね。

麻優への躾が始まる

キレた主人公は大人のすごさを見せつけため麻優への躾をはじめてしまうんです。

嫌がりながらもだんだん気持ち良くなっていく麻優。

乳首イキさせられて、気持ち良さを知ってしまうんですね。

だんだん犯されて性に目覚めていく麻優でしたが、処女を失う時は、嫌がるんですね。

しかし、媚薬を使って失うと主人公にメロメロになってしまうんです。

完全に性に目覚めた麻優は主人公に都合のいいオナホになってしまいます。

大人を完全にナメきってる発育の良すぎる生意気娘を肉棒でわからせる話感想

発育だけ良く、大人を舐め切った生意気は娘を大人が分からせる話です。

大人をバカにして、簡単にお金を稼げると思っている学生と言う設定がよかったですね。

こんな感じの娘はリアルにも結構いるとおもいます。

そして、その生意気な娘を強姦して躾けていく様子は、王道的なストーリーでした。

躾をして、性に目覚めて、男に落ちていく様子がたのしめました。

落ちて性に目覚めていく作品が好きな人にとって裏切らない展開の作品でおすすめですよ。

 

 

おすすめの記事