おじさんで埋める穴 あらすじ、ネタバレ、感想

いつも読んでくれてありがとうお♪

あつしです(^^♪

今日は「おじさんで埋める穴」のあらすじ、ネタバレ、感想を書いていきますね。

おじさんで埋める穴は実際にありそうな性癖のヒロインが登場します。

その性癖の持ち主が、おじさんに声をかけられたら、まんがの通りの展開になってしまい、あり得ない話ではないですね。

まんがはカラーではないですが、描写がエロイのでグッとひきこまれますよ。

ヒロインが性に目覚めていく展開も目がはなせないですね。

では行きますね。

おじさんで埋める穴 あらすじ

おじさんで埋める穴のあらすじは、ヒロインの性癖がどんな感じなのかから始まるんですね。

ヒロインは幼いころ、全く知らないおじさんから公園で性的ないたずらをされてしまうんですね。

普通は男性不信やトラウマになると思うんですが、なぜか興味を持つようになってしまうんです。

同じ高校に通う同級生たちが、彼氏の話をするとヒロインはあまり興味をしめさないんですね。

恋愛に興味はないんですが、エッチなことは早くやってみたいし相手は「おじさんがいいな」とおもっているんですよ。

そんなヒロインの前に登場したのが、一人のおじさんなんですね。

しかも場所は公園です。

ヒロインはおじさんから誘われるままに、公園のトイレに行ってしまうんです。

この後、おじさんのいいようにされてしまうんですが、全く嫌がることなく、それどころか勃起した生のちんぽを見て感動すらしてしまいます。

おじさんで埋める穴ネタバレ

おじさんで埋める穴のネタバレですが、ヒロインあ幼いころに体験した性的ないたずらを高校生になってから、似たようなシュチュエーションになってしまいます。

そこで、ヒロインはこわがるどころか、興味深々でセックスを初めてしまうんですね。

初めて生でみるチンポに感動すらしてしまいます。

生で初めて見たチンポを口にくわえ、フェラをはじめるんですが、下手なのに丁寧なご奉仕をするところは勃起全開ですよ(^^♪

おじさんもその気になってしまい、ヒロインの処女をいただいてしまいます。

JKらしいキレイなお尻の描写で立ちバックはエロイですね。

初めてなのに「一人でするのと全然違う」と感じてしまいます。

あまりに気持ち良過ぎたおじさんは「いけないマンコ」だといって外に射精してしまいます。

ヒロインはチンポを見てお掃除フェラをするんですね。

ふぇらしながら、もう1回とおじさんにお願いします。

ここの描写は性にすっかり目覚めている感じでとてもエッチですよ。

最後はヒロインの願望をかなえて、おじさんが正常位でしてあげます。

しかも今度は膣内に射精してしまうんですね。

終わったあと家に帰って、溢れ出てくる精液を指に絡めながら性欲がわいてくる様子がエロイですね。

おじさんで埋める穴 感想

おじさんで埋める穴の感想は、性に目覚めていくヒロインが最後名残惜しそうにするところが、本当にエロイですね。

性癖を満たセックスをすると女性はみんなこうなってしまうのかな?とも思ってしまいますよ。

おじさんはJKの処女をいただいたうえに中出しして、お掃除フェラまでされるってなんて人なんだと思ってしまいますよね

ちょっとだけ残念なのが、処女喪失の描写が少ないところですね。

最初か感じるんではなく、徐々に気持ちよくなっていく描写がほしかったです。

おすすめの記事